当院のトイレの入口は、設計上待合室から見えなくなっています。
わかりやすい案内のため、 フジタの3Dピクトを使ってみました。
何年か前にインテックス大阪で行われた「医療と介護の総合展」で見かけて、気にかけていた商品です。
図面をみていて、「あれだ!」と記憶が蘇りました。

zumen

壁から飛び出していますので、視認性抜群です。
単なるピクトグラムと比べて存在感があります。
ドラえもんが立体化したようなイメージでしょうか。違いますか。

3D pict

トイレの入口ドアには違うピクトサインを使っています。
「ドアに3Dピクト」や「赤青・男女」を使うとうるさい気がしてシンプルなサインを選んでみました。
皆さんが 迷うことなくトイレにたどり着くことを祈っております。

toilet_pict

言語を超えて誰でも見ればわかるのが、ピクト・グラムです。
言うなれば象形文字的な発想ですね。
1964年の東京オリンピックで本格的に使われ、その有用性が世界に広まった事は有名です。

このページをみれば東京オリンピック以降にピクト・グラムが定着している事がよくわかります。
東京以前にも使われているオリンピックはあります。
1936年のベルリン大会からピクトグラムが使われた記載がありますね。
いろいろな意味で新しいことが行われたベルリン大会。
ピクト・グラムも例外ではないという事でしょうか。
東京オリンピックでは競技のサインのみならず、公共の場でピクト・グラムが使われた事が革新的だったのではないでしょうか。

日本から広まったことは大変誇らしいですが、その歴史は1920年代のオットー・ノイラートにたどり着きます。
当時はアイソ・タイプ(Isotype)と呼ばれることのほうが普通だったようです。
こんなページをみれば、楽しい情報がいっぱい載っていますヨ。

otto-neurath

オットー・ノイラートのいい本が出ています。
『International Picture Language』(1936)完訳
『Basic by Isotype』(1937)完訳
『Modern Man in the Making』(1939)図版集
以上の合本です。お買い得!
興味ある方は是非 。楽しい本ですよ。

院長 金子敏彦(かねことしひこ)