日帰り手術

ope

当院では病気の根治を目指し日帰り手術を積極的に行っています。
「短時間の手術で、人生が変わる」のが目標です。

鼻の手術は全て内視鏡手術で行うので、顔面にメスは入りません。また昔の手術のように顔が腫れることもありません。
病気の重症度によっては連携医療機関で手術を行います。
下記治療は全て保険医療です。

手術実績手術の費用:高額医療費について | 手術までの流れ

鼻閉を改善する手術・アレルギー性鼻炎の手術

下甲介粘膜レーザー焼灼術

手軽に受けていただけるアレルギーの手術です。
下鼻甲介を炭酸ガスレーザーで焼灼し、アレルギー反応が起きにくくする治療です。
花粉症を含めた、すべてのアレルギー性鼻炎が対象です。
麻酔などの時間は必要ですが、手術手技自体は10分くらいです。

鼻中隔矯正術(内視鏡下鼻中隔手I型)

鼻中隔が曲がっている、鼻中隔湾曲症(わんきょく)の方に行う手術です。
鼻中隔という鼻の柱が「完全にまっすぐ」という方は少ないです。
実に70-80%の方の鼻中隔が曲がっていると言われていますが、実際にはもっと多いと思います。
鼻中隔湾曲が原因で鼻が詰まっているならば、お薬ではなおりません。
手術以外で症状を改善するのは困難です。
年中鼻が詰まっている方は一度チェックされる事をおすすめします。

下鼻甲介手術(内視鏡下鼻腔手術I型)

鼻内の下鼻甲介が慢性的に肥大している方に行う手術です。
大まかに言って2つの方法があります。
1、鼻甲介切除術:下鼻甲介の粘膜を一部切除する。
2、粘膜下下鼻甲介骨切除術:粘膜は切除せず下鼻甲介の骨だけを除去する。
症例によって術式を選択します。多くの場合鼻中隔矯正術と併用することが多いです。

後鼻神経切断術(翼突管神経切断術)

鼻腔内に走行するアレルギーの神経を切断し、アレルギー性鼻炎の症状を軽減します。レーザー治療などの手技に比べ、効果が格段に違います。
高度なテクニックを要する手技です。

鼻閉改善手術の1例
pre-ope
pre-ope-rpre-ope-l
手術前:CT画像は正面からの撮影。鼻腔内の写真は順番に右鼻・左鼻
CT:鼻中隔が左側に向かって弯曲している。下鼻甲介の肥大がある。

post-ope
post-ope-rpost-opr-l
手術後(鼻中隔矯正術+両粘膜下下鼻甲介骨切除術+後鼻神経切断術):
鼻中隔を矯正。下鼻甲介骨を除去し肥厚していた下鼻甲介を減量。
右側の中鼻甲介粘膜も一部切除し減量。
さらに後鼻神経切断術を行い、鼻閉・アレルギー性鼻炎の症状を改善した。

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術

内視鏡下鼻・副鼻腔手術(副鼻腔根治術)

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)などに行う手術です。
副鼻腔炎の根治の為、ダメージを受けた副鼻腔を内視鏡下に開放・清掃します。
手術する副鼻腔の範囲によって費用が変わります(1型~4型)。
当院では大変解像度のよいCTを導入しています。それにより手術の範囲を決めます。

内視鏡下副鼻腔手術の1例

一年中続く後鼻漏、咳等お悩みだった方:
手術前のCT矢印で指したグレイの部分が慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でウミが溜まっています。
全ての副鼻腔の状態が悪く、当院の日帰り手術で全ての副鼻腔を開放し清掃しました。
術式;鼻中隔矯正術+左下鼻甲介手術+両側内視鏡下副鼻腔手術4型


手術後のCT、グレイだった部分がなくなり黒くなっているのがわかります。
病変がなくなり、空気で満たされています。咳などの症状は消失しました。

耳の手術

鼓膜切開術

鼓膜を切開して、内容液を排出させる手術です。
急性中耳炎で耳が痛い。膿がずっと溜まっている、熱が下がらない等の時、決定的な治療になることは稀ではありません。
滲出液がたまる滲出性中耳炎に対しても行い排液することもあります。
麻酔の時間は必要ですが、切開自体はすぐ終わる手術です。

鼓膜チューブ挿入術

切開した鼓膜が閉鎖しないようにシリコンのチューブを留置する手術です。
主に滲出性中耳炎が治らない時等おこないます。
大人であれば麻酔した後、手術自体は1分もかかりません。
小さいお子さんは体動が激しいことが多く、外来では困難なケースが多いです。

鼓膜形成術

鼓膜に穴があいている「慢性中耳炎」に対して行う手術です。
耳の穴から手術を行います。鼓膜を形成する材料は、耳の後ろから採取します。
髪の毛を切る必要もなく、手術後当日から入浴も可能です。
経過が良ければ、聴力の改善も期待できます。

手術の費用・高額医療制度について

手術の費用

当院の手術はすべて保険適応です。
高額な手術の場合、高額医療費制度を利用して費用を抑えることが可能です。
以下は高額医療適応前の3割負担の際の費用です。
手術範囲によって費用が変わります。

・アレルギーのレーザー手術 約1万円
・鼻閉を改善する手術 約4万円~18万円
・副鼻腔炎の手術 約10万円~29万円
・鼓膜形成術 約6万円

高額医療費制度について

高額療養費では、ご加入の医療保険から「認定証」の交付を受け、当院の窓口で提示すれば窓口負担が一定の金額にとどめられます。
※事前に「認定証」交付を受けなかった場合は、手術を受けた月の翌月の初日から「2年」までに手続きすれば適応されます。

年齢事前の手続き提示していただく書類
・70歳未満の方
・70歳以上の非課税世帯等の方
「認定証」の交付を申請してください認定書
70歳以上75歳未満で、
非課税世帯等ではない
必要ありません高齢受給者証
75歳以上で、
非課税世帯等ではない
必要ありません後期高齢者医療被保険者証

<手術費用限度額(70歳未満)>

区分標準報酬月額自己負担限度額
83万円以上約26万円
53~83万円未満約18万円
28~53万円未満約9万円
28万円未満約7万円
住民税非課税者約4万円

<手術費用限度額(70歳以上)>

区分標準報酬月額自己負担限度額
1, 現役並み所得者28万円以上等57,600円
2, 一般1, 3以外14,000円
3, 低所得者住民税非課税者8,000円

詳しくは厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」を参照してください。

手術までの流れ

手術日:月曜日、火曜日、水曜日、金曜日

アレルギー性鼻炎に対するレーザー焼灼術
外来にて採血にてアレルギーの検査
手術当日鼻内にガーゼ麻酔(約15分)
手術は10分程度
1週間後術後処置

鼻腔形態、慢性副鼻腔炎、翼突管神経切断術、慢性中耳炎
1~3ヶ月前術前検査(採血、心電図等)
1~2週間前手術説明(特殊外来にて)
手術当日来院:体温等チェックの後、着替え
手術:鎮静剤、鎮痛剤を使用して行います。
手術後:1時間ほど安静の後、問題なければ帰宅
翌日か翌々日術後処置(鼻の手術は鼻内タンポン抜去)
1週間後術後処置