当院の手術はすべて保険適応です。
高額な手術の場合、高額医療費制度を利用して費用を抑えることが可能です。
以下は高額医療適用前の3割負担の際の費用です。
手術費用以外に術前の検査料、再診料、術後の薬剤料等が加わります。

■検査費用に関してはこちらを参照してください。

手術費用

耳の手術

術式点数3割負担
鼓膜切開術690点2,070円
鼓膜チューブ留置術2,670点8,010円
鼓膜形成術18,100点54,300円
鼓室形成手術 (耳小骨温存術)34,660点103,980円
鼓室形成手術 (耳小骨再建術)51,330点153,990円
令和2年診療報酬点数を記載

鼻の手術

術式点数3割負担備考
下鼻甲介レーザー焼灼術(両側)2,910点8,730円アレルギー性鼻炎の手術
鼻中隔矯正術8,230点24,690円
内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型
(下鼻甲介手術)(片側)
7,940点23,820円
経鼻腔的翼突管神経切断術
(後鼻神経切断術)(片側)
30,460点91,380円鼻炎の神経切断
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅰ型
(副鼻腔自然口開窓術)
3,600点10,800円自然口開放
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型
(副鼻腔単洞手術)
12,000点36,000円副鼻腔を一つ開放
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
24,910点74,730円副鼻腔を複数開放
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型
(汎副鼻腔手術)
32,080点96,240円副鼻腔を全て開放
鼻骨骨折整復固定術2,130点6,390円
令和2年診療報酬点数を記載

■副鼻腔炎(蓄膿症)に対する手術は病気の程度によって表のいずれかから選択します。
■鼻・副鼻腔の手術は、通常複数の術式を同日に行う事が多いです。
例1「鼻中隔矯正術+両側・内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型+両側・内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型」
例2「鼻中隔矯正術+両側・経鼻腔的翼突管神経切断術」

高額医療費制度について

高額医療費制度(限度額適用認定証)

高額療養費では、ご加入の健康保険組合等から「限度額適用認定証」の交付を受け、当院の窓口で提示すれば窓口負担が一定の金額にとどめられます。
※事前に「限度額適用認定証」交付を受けなかった場合は、手術を受けた月の翌月の初日から「2年」までに手続きすれば適用されます。

詳しくは厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」を参照してください。

医療保険組合独自の付加給付

高額療養費制度以外に保険組合独自の「付加給付」として、上記の高額医療費の額よりも低い負担の上限額を設定しているところもあります。
ご自身が加入しておられる保険組合にお問い合わせください 。

費用のお支払い

キャッシュレス決済に対応

金子耳鼻咽喉科は各種クレジットカード・主要電子マネーに対応しています
お支払いにお使いいただけます。

【クレジットカード】
Visa, Master, JCB, Amex, Diners, Discover
【電子マネー】
iD, 交通系電子マネー, nanaco, 楽天Edy, WAON
Apple pay, Google pay

■QUICPay+,Pitapaに現在対応できません(令和03年10月11日)
■QRコード決済(paypay 等)には対応しておりません。 (令和3年現在)