当院は、きちんと診断をつけて治療する事をポリシーとしております。
従来の耳鼻咽喉科の様に、流れ作業の様な処置通院や漫然とした薬の処方はしていません。
無駄な検査はしませんが、診断・治療に必要な検査は積極的に行います。
治療方針が決まれば、なるべく長期に処方を出し通院回数を減らす努力をしています。
治療方針決定の為、一般の耳鼻咽喉科より診察費用がかかる事をあらかじめご了承ください。

診察には下記検査に加えて、初診料(288点:3割負担864円)、再診料、処置料、処方箋料等がかかります。
特に初診の方では診察・検査料など含めて、4000円~1万円の事も多いです。
詳細な検査が必要と判断した場合は1万円を超えることもあります(特に手術希望の方)。

■手術の費用はこちらを参照してください

主な検査項目(◎は特に重要な検査です)

検査点数3割負担備考
◎鼻副鼻腔・喉頭ファイバー600点1,800円鼻・のどの目で見えない部分を精査します。
特に初診の方で、症状にある方にはほぼ全員に行います。
◎CTスキャン1,130点3,390円鼻副鼻腔・中耳を詳細に調べます
中耳ファイバー240点720円鼓膜・中耳の状態を精査します
◎アレルギー性鼻炎の採血939点2,817円当院の標準項目6種類の価格です。
・非特異的IgE
・ダニ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、イネ科、雑草
■1項目加える毎に110点加算(3割で330円)
■詳細を以下に記しています。
◎標準純音聴力検査350点1,050円標準的な聴力検査です
◎チンパノメトリー340点1,020円鼓膜の動き、中耳の換気能を調べます
中耳機能検査150点450円慢性中耳炎手術の為の精査です
鼓膜穿孔を閉鎖して聴力改善を評価します
耳小骨筋反射検査450点1,350円耳硬化症・顔面神経麻痺の精査です
標準語音聴力検査350点1,050円補聴器の為の検査です
めまいの検査:標準検査20点60円眼球運動を見ます
めまいの検査:
頭位及び頭位変換眼振検査
300点900円CCDカメラにて眼球運動を見ます
令和2年診療報酬点数を記載

アレルギー性鼻炎の採血費用

アレルギーの検査は1項目から、複数項目まで検査可能です。
主要な吸入抗原6種類を当院の標準検査としています。
吸入・食物系48種類をまとめた、一度で多数の検査を行うMAST48も可能です。
診察にあたり、他院で採血をしたことのある方は結果を持参していただければ、助かります。

■1項目のみ検査した時の負担額

1項目検査した時点数
非特異的lgE100点
特異的IgE110点
免疫学的検査判断料144点
採血料35点
合計389点 3割負担で1,167円

1項目(特異的IgE)追加ごとに110点、3割負担で330円が加わります。


■当院で行う標準的検査(6種類)です。
ダニ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、イネ科、雑草
手術の患者さんには真菌(カビ)の精査などが加わる事があります。

6項目検査した時点数
非特異的lgE100点
特異的IgE(110)×6660点
免疫学的検査判断料144点
採血料35点
合計939点 3割負担で2,817円

MAST48について
代表的な吸入系、食物系抗原48種類を検査する事が出来ます。
特定原材料7品目(加工食品への原材料表示義務のある卵・乳・小麦・落花生・エビ・カニ・ソバ)を含んでいます。
算定可能な特異的IgEは13種類までなので、48種類行っても110点×13種類=1430点になります。
大変お得なのですが、残念ながら抗原の入れ替えや、追加は出来ません。

MAST48点数
非特異的lgE100点
特異的lgE(110)×13(算定限度)1430点
免疫学的検査判断料144点
採血料35点
合計1,709点 3割負担で5,127円
MAST48の項目
室内塵ハウスダスト1
ダニミックス(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ)
樹木スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
草木ヨモギ
ブタクサミックス(ブタクサ・オオブタクサ・ブタクサモドキ)
イネ科ミックス(オオアワガエリ・カモガヤ・ナガハグサ・ハルガヤ・ギョウギシバ)
動物イヌ・ネコ皮屑ミックス
真菌カンジダ、アスペルギウス
カビミックス(アルテルナリア・ペニシリウム・クラドスポリウム)
ラテックスラテックス
食物トマト、モモ、キウイ、バナナ、ゴマ、そば、小麦、ピーナッツ、大豆、米
マグロ、サケ、サバ、エビ、カニ
ミルク、豚肉、牛肉、鶏肉、オボムコイド、卵白
木の実ミックス(ヘーゼルナッツ・アーモンド・クルミ)