2017年の手術実績と雑感


当院は本日12月27日で年内の診察を終了しました。
1月5日(金)より年始の診察を開始しますのでまたよろしくお願いいたします。

2017年の手術実績を集計しました。
副鼻腔炎の手術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術(ESS)の件数が増加しました。

当院の日帰り手術が認知されてきたと感じた1年でした。
手術希望で来院される患者さんがここ数ヶ月で急増しています。
他の耳鼻科からの手術依頼や、口コミで来院される患者さんが多くなってきました。
今までの手術枠では対応が難しくなり、12月から手術の枠を増やしました。
現在は手術日を週4日(月・火・水・金)にしています。
今夏から完全予約制になり、開院から3年経って医院の形がようやくできたと感じています。

学術的な面では、耳鼻咽喉科短期滞在研究会日本鼻科学会で鎮静薬に関する発表をしました。
日帰り手術研究会を2回当院でやりました。
今年も臨床面でのスキルアップもできたと感じています。
他科の先生方とも色々交流ができ、横の繋がりが強化されたと思います。
来年は今年の経験をもとに、術前から術後までスムースに流れるよう洗練するのが目標です。
秘策(?)はいっぱいあります!

では皆様、良いお年を!

手術術式平成26年平成27年平成28年平成29年
合計45393724752
鼻中隔矯正術064125117
下鼻甲介手術09084108
下鼻甲介レーザー焼灼術8303125
後鼻神経切断術
(経鼻腔的翼突管神経切断術)
042178162
内視鏡下鼻・副鼻腔手術 I型~IV型
(ESS)
083159203
その他;鼻の小手術11303845
鼓室形成術0001
鼓膜形成術241516
鼓膜切開術2204634
鼓膜チューブ留置術2111617
その他;耳の小手術15378
頸部・咽頭の小手術3162516

※手術数は延べ数です。鼻副鼻腔では、左右また複数の手術術式を同時に行うことが多いです。
※保険上は手術ですが、ほぼ処置に近いと考えられる手技は省いています。

院長 金子敏彦(かねこ としひこ)